ニュースタイトルイメージ
ホームサーチは
おひとりさまの
老後のお悩み

まとめて
解決いたします。
ホームサーチは
おひとりさまの老後の
お悩み
をまとめて
解決いたします。
ブログ
タイトル罫線

2023年5月26日

無縁遺骨の増加について


金融業界出身のHです。


高齢化が進み、地縁血縁が薄れる中、引き取る人のいない遺骨が増えています。

2021年10月の調査で、全国の市区町村で管理・保管されている「無縁遺骨」は約6万柱あったそうです。
それらは市区町村の執務室キャビネット、倉庫、納骨堂、遺品整理業者の倉庫等に保管され、骨壺のサイズを小さくするなど出来るだけスペースを取らない方策を取ってはいても、その数は増加傾向にある様です。


特に「無縁遺骨」とはいっても、実際に身元の分からない遺骨は約6千柱で残りの大半は身元が判明しています。
つまり、身元が判明していて引き取り手のいない遺骨が増加しているわけです。
親族がいない、いても疎遠、経済的に困難、等の理由によると思われます。


一方、相続人不存在の為国庫に編入された相続財産は2021年度647億円にも上り、10年前の約2倍となりました。
財産があってもきちんとした対処をしなかった為、本人は「無縁遺骨」になり、財産は国庫に編入されてしまうわけです。


当社では、専門の相談員が遺言、死後事務、財産管理、身元保証等のサポートに加え、納骨・墓じまいまでお手伝いしております。相談は無料です。
是非お気軽にご相談頂きたいと思います。


 

Contact us

タイトル罫線

まずはお気軽にお問い合わせください