ニュースタイトルイメージ
ホームサーチは
おひとりさまの
老後のお悩み

まとめて
解決いたします。
ホームサーチは
おひとりさまの老後の
お悩み
をまとめて
解決いたします。
ブログ
タイトル罫線
2024年6月15日

人生最後の社会貢献:遺産の寄付という新たなカタチ

おひとりさま高齢者支援事業スタッフのAです。

最近、多くの高齢者の間で注目されているのが、「人生最後の社会貢献」として遺産を寄付するという取り組みです。
社会貢献の意識が高まる中、遺産を寄付することで、自分の死後も社会に役立ててもらおうという考え方が広がっています。

相続人がいない場合、通常であれば遺産は国に帰属しますが、遺贈寄付を利用すれば、自分で選んだ応援先の団体に役立ててもらえるのです。

このような遺贈寄付の件数は、社会の変化とともに増加しています。
単身世帯の増加や社会貢献への意識の高まりを背景に、過去10年で1.8倍に増えたというデータがあります。
自分の死後も社会に貢献したいと考える人々にとって、遺贈寄付は魅力的な選択肢となっています。

自分の生涯を終えた後も、残された財産を通じて社会に良い影響を与えることができるのは、深い思いやりの表れだと思います。
生きた証を残す一つの術としても、今後も広く浸透していくことと思われます。
社会全体としても、こうした新しい寄付の形をしっかり実現できるよう、サポートしていくことが今後の課題といえます。

▼詳しくはこちらをご覧ください
『当社の遺贈寄付・遺言作成支援について』








Contact us

タイトル罫線

まずはお気軽にお問い合わせください

PC用のフローティングバナー
PC用のフローティングバナー